213.png

天然・化学繊維の両方に見られる糸の形状です。繊維には連続的な長繊維であるフィラメント糸と、短い繊維を紡いで撚り合わせた紡績糸であるスパン糸があります。

 ■スパン糸
 綿糸などの紡績糸を指します。
 綿に代表されるように手触りがソフトで滑りにくいのが特徴です。

 ■フィラメント糸
 絹を始めとする長繊維の糸を指します。
 連続糸のため、引張強度に優れています。

 □ポリエステル
 摩擦に強く耐候性に優れており伸びが少ない。
 破断強力が高く吸水性がない。繊維が柔らかい。

 □ナイロン
 破断強力が大変高い。ビニロンやポリエステルに比べ耐候性に劣る。
 伸び率が高い。繊維が柔らかい。発色がきれい。

 □ビニロン
 摩擦に強く耐候性に優れている。吸水が良い。
 伸び率がやや高い。スパン糸は繊維が大変柔らかい。

 □ポリエチレン
 ポリエステル、ビニロンに比べ耐候性に劣る。
 比重が0.94~0.96と非常に軽量で水に浮く。
 しかしナチュラル以外は比較的耐候性が良い。
 破断強力・伸び率が高い。繊維がやや固い。

 □アクリル
 アクリルは衣料品に多く利用されています。その理由は肌触りが良くきれいな色に染まり、色落ちしにくい繊維だからです。産業用にもよく使われる繊維にくらべ強度の面では落ちますが綿よりも引張り強度と耐摩耗度は上です。

 □フレキシブルポリ
 ポリエチレン繊維の欠点だった固さをなくした繊維です。
 しなやかで強靭な繊維です。

 □リプロピレン
 比重が0.91と非常に軽量で水に浮く。
 破断強力が高い。吸水性がない。伸び率が低い。
 耐候性に劣るため屋外での長期使用は不適用。


16.png
15.png15.png
13a.png